CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
あたらしい戦略の教科書
あたらしい戦略の教科書 (JUGEMレビュー »)
酒井 穣
攻めの戦略とは? その答えを求めて。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
終わらない夏の高校野球。
今年の高校野球は面白い!

「打高投低」傾向でとんでもない接戦の連続。びっくり

そして、今日の決勝戦。
序盤から強豪校の潰し合いがあったものの、
結果的には、最も望まれた決勝戦となったのでは?

不祥事から、奇跡の3連覇を目指す駒大苫小牧。
王さんの為にも(?)悲願の初優勝を目指す早実。

どんなドラマティックな展開になるかと思いきや、
「打高投低」の本大会がウソのような息詰まる投手戦。拍手

そして、予想だにしなかった「引き分け再試合」

印象的なシーンは、
170球を投げぬきながら、最終イニングの延長15回に、
この日最速の147キロをマークした、
早実の斉藤投手の気迫のストレート。

「まだまだこんなもんじゃないぞ!駒大!」
「この裏、サヨナラ頼むぜ!みんな!」
いろんなメッセージが込められたストレート?
とにかく、しびれました!びっくり

投げ合った、駒大の田中投手も
試合後の笑顔がとても印象的だった。

「最高の勝負を、もう1試合戦う事が出来る」
と、本人が思ったかは分からないが、
観ていてそんな風に感じた。

明日は仕事だから、残念ながら試合を観る事は出来ないけれど、
予想以上のドラマテックな結末になる事を期待してます!

| 野球 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
WBCの祝勝ムードが・・・
韓国 日本に再戦要求(スポニチ)
「日本、幸運のチャンピオン」
「きまりの悪い成績で優勝した」(聨合通信)

せっかくの祝勝ムードに水を指すようなこのニュース。
今この時期に言わなくても良いだろうに。。。

たしかに、幸運だったけど、きまりは悪くないだろ!怒り
それまで100回勝ってても、1回負けたらそこで終わりなのが
トーナメント
ってもんだろうし。

今回は日本に運があったと言うが、逆に考えたら
韓国にも有利になるはずだったわけでしょ。

だって、キューバーやドミニカとやるより、2回連続で勝ってる
日本とやる方が決勝進出へ有利なハズだし。

負けず嫌いの国民性なのかも知れないけど、秋に再戦して、
仮に勝ってもうれしいのだろうか?

まあ、挑発には乗らず、大人の対応で行こう!ニッポン!

| 野球 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
楽天は野球もスピード経営?
田尾監督、わずか1年で解任!

今日で、95敗目。この成績で解任は仕方ないのかも知れないけど、
あの戦力では仕方ないでしょ。

楽天は、即断即決のスピード経営で拡大したIT大手。
プロ野球でもその手法を踏襲して行こうとするのか。。。

現状で言える事は、新規参入ながら根付いてきたファンと、
球界関係者の中に「少なからず不信感を抱かせた」
という事実だろう。

周囲の雑音を消すには、来季の巻き返ししかない。
しかし、Jリーグ(ヴィッセル)でも結果出てないよね。

世間を黙らせることが出来るのか?
楽天式球団経営陣!

| 野球 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(3) |
ドラマティック楽天!本拠地で価値ある1勝!
またしても「ドラマティック楽天!」

楽天礒部、大勝呼ぶ先頭打者アーチ
◆楽天16−5西武

記録的大敗からの4連敗も、本拠地での“歴史的”開幕戦を爆勝するとは・・・。

開幕からノーヒットの磯部が一番起用に応えて、いきなり先頭打者ホームラン!
しかも、これが球団初アーチだって。アンタ「ドカベン」岩鬼なみの役者だね。
勝ち方が良かっただけに「磯部は開幕日を間違えたんじゃないか?」という田尾監督のコメントも、冴えてます!

なにより、初めての「おらがチーム」を観戦した仙台のファンには最高のアピールだったでしょう!あとは、ホント寒そうだから(三木谷さん)早くドーム化してあげて下さい。

明日は松坂!「勝て」とまでは言わないけど、いい試合を期待してます。
| 野球 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(2) |
大惨敗だって1敗は1敗。楽天主義で行こう!
開幕戦の歴史的初勝利から一転、2戦目で記録的な惨敗とは、何てドラマチックな幕開けだろうか。

◆楽天、26失点で大敗−打線もわずか1安打
楽天にとっては、球団初勝利の夢心地から、厳しい現実に一気に引き戻されるような敗北となった。田尾監督は「今季はいろいろなことが起きると頭にはあったが、それを超えてしまった」と元気なく切り出した。
(nikkansports.comより)

26点差、楽天は打っても1安打のあわや完全試合負け。高校野球の地区予選1回戦くらいでしか見られない大惨敗・・・

しかし、たかが1敗です!そう、プロ野球ペナントレースには得失点差など関係ないのだから!!
ショックな負けだけど、引きずらない事が重要。

そう、サッカー日本代表も!楽天主義で行きましょうね!(笑)
| 野球 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(2) |
ダルは東北に来ずとも、マカベッシュを待とう!
色んな意味で注目のドラフトが終わり、一場投手は無事楽天に決定。
そして以前ココで書いた「ぜひ入団してほしい東北関係選手」でダントツ1位だった「ダルビッシュ有」投手は大方の予想通り、日ハムへ。
残念ではあるが、将来性のある選手だけに、ある程度の環境で育てて欲しいという気持もあったので、ちょっと安心。

さて、先のランキングでも10位にランクされており、私的には最も注目していたマカベッシュ(メガネッシュが一般的?)こと「真壁賢守」投手はと言うと、何と楽天に指名されておらず!けしからん!!と思いきや、進学を決意してたのね。
しかも進学先は「東北福祉大」だって!
やっぱ分かってるね!!キミこそ将来の東北を背負って立つ大投手になるよ!

しかし、色々とblogを見てみたら、以外と(女性に?)人気あるのね、マカベッシュ(メガネッシュ?)

メガネッシュは?「ゆみぞう Happy Days」さん

◆ドラフトと楽天と東北高校野球部と「towoko」さん

◆ドラフト会議「dai」さん

少々先は長いが、東北に大エースが入団するまで、あと4年待とう!!
| 野球 | 02:43 | comments(2) | trackbacks(1) |
チャンスはまだある。負けるなライブドア!フェニックスの如く。
噂されていた通り、「東北楽天ゴールデンイーグルス」が正式承認へ。
どちらかと言うと、“後出しじゃんけん”の三木谷氏より、堀江モンひいきではあるが、具体的なスタッフ発表、運営計画をマスコミを通じて見る限りでは、やっぱり楽天勝利も納得せざるを得ない。

実際やってみなきゃ分からないけど、
小島(暫定)GM<キーナートGM
オマリー監督<田尾監督
という図式になっちゃうかなと。

阪神の久万(元)オーナーも言ってたが、堀江さんはまだ若いし、次のチャンスに備えて、人脈と実績を築き上げて欲しい。
ここで負けずに蘇ってこそ、ライブドアフェニックスじゃないんですか!?
遅くとも、ここ数年で球界再編はもう一波乱あると思うぞ。

それにしても、楽天球団は“後出しじゃんけん”だけに、やはり信用が置けない。仙台市民もそんな声が多いと聞く。

そんな声を、良い意味で裏切ってくれる事を願うばかりだ。
| 野球 | 02:52 | comments(1) | trackbacks(1) |
ファンが仙台新球団に望んでいる事とは。
掛布、バース、オマリー、田尾・・・仙台新球団の監督候補として名前が挙がった人間は何故かタイガースOBが殆どだ。本当に仙台のファンは阪神OBを望んでいるのだろうか?
そんな疑問を感じていた矢先、「河北新報」による仙台新球団に関するネットアンケートという、興味深いデータが発表された。

「監督になってほしい人」の1位は、中畑清氏。先のアテネでの活躍(?)、巨人ブランド、東北出身という3点で納得の結果でしょう。以降は、仙一さん、サブマリン・・・と続くが、前述の阪神OBは、オマリー氏がようやく9位に登場と必ずしもファンのニ−ズとは一致していないところがミソ。掛布さんは上位に入ってそうな感じなのに。

続いて「ぜひ入団してほしい東北関係選手」(この聞き方も微妙だが)は、大方の予想通り、ダルビッシュ有がダントツの1位!次いで大魔人、小坂、赤ゴジラ、アニキ・・って、東北福祉大OBばっかじゃん!まあ、東北に限定したら仕方ないけどね。しかしながら、10位に“マカベッシュ”こと、真壁賢守投手が入っているあたりはさすがかと。最後の夏となった、今夏の甲子園で惜しくも活躍の機会を逃してしまっただけに、プロでは大成して欲しい選手の一人である。
ちなみに、「新球団の顔として入団してほしいスター選手」は、古田会長がトップと言う結果。これは引退後でもチームに貢献するだろうと言う部分も想定しての選出と思われ。以降はノリ、キヨマー(最近こう呼ばれないね)、城島、野茂とここは順当か。

さて、ライブドアと楽天による新規加入を巡るバトルはいよいよ佳境に突入し、両社とも具体的な施策を次々発表している訳ですが、ライブドアひいきの自分から見ても、楽天の方が現実味をもって、強いチームを作れそうな組閣が次々となされている様に見受けられる。やっぱりオマリー監督に、暫定とは言え、GMのネームバリューもいまひとつでは、サッカーで言うJ2からスタートならともかく、いきなり国内最高峰のプロ野球リーグ参入というのは、無謀とも言えるだろうし、正直、お荷物球団になり兼ねない。それでは数年後にまた同じ事の繰り返しとなってしまう。

一部ではライブドアが、団野村氏をGMにという声もあったようだが、さすがにそれは日本球界への刺激が強いにしても、ある程度のサプライズは必要な状況に追い込まれつつある。しかし、堀江社長は年代も近いので、本当に頑張って欲しいとは思う。

そんな中、「ダイエーの産業再生機構入り」「西武、堤オーナー辞任」と、パリーグの激変は、まさにこれからと言った様相を呈して来た。
これで、1リーグへの方向に逆流しない事を切に願う。

<参考HP>
◆河北新報
「ダルビッシュ投手来て 仙台新球団 本社ネットアンケート」

◆毎日新聞
<球界激震>ダイエー球団存続の危機 西武は堤オーナー辞任
| 野球 | 01:35 | comments(1) | trackbacks(21) |
ついに新潟もプロ野球参入を目指して動き出す!
いずれはこのニュースを目にする事になると思っていたが、まさかこんなに早く現実になるとは。。。
<以下、新潟日報より抜粋>
アルビレックス新潟の池田弘社長らが中心となり、「新潟に県民(プロ野球)球団を創(つく)る会」を設立、新潟市で5日、記者会見を開き、2008年にリーグ参入を目指す方針を発表した。

実は私は、かつて新潟で在職していた際、池田社長のグループ会社に所属していた事がある。幸い直接お話させて頂く機会もあったのだが、とにかく懐深く、大胆ながら気配りのできる、今までの所属した会社で比較しても、最も尊敬できる経営者と言える存在だ。

私が在職した当時より「アルビレックス新潟」がグループ会社としてあったが、当時は人気・実力ともまだまだで、今だからこそ言えるが、関連専門学校の生徒を観客動員していた時期もあったほど。
しかし現在ではJリーグの中でも、トップクラスの動員力と経営状態(資金規模ではなく、あくまで収支面)を誇るまでに成長させ、おそらく、氏の地元での影響力は相当のものだと思われる。

かねてより、「新潟発全国行き」を標榜していた同氏からすれば、このタイミングでのプロ野球参加表明は必然かも知れない。
ただ、アルビファンや、地元新潟の方のブログなりを見ていると、必ずしも全面的に賛同されているとは言えないようだ。

しかし、新潟を離れてから「地元」を意識し始めた私の様な(元)越後人にとっては、全国に通用するシンボルが増えるのはうれしい限りだ。

資本金を企業や個人から募って、運営会社を設立すると言う話だが、もし、県外の人間でも何らかの形で協力・参加が出来るのなら、微力であるがアクションを起こしたいと思う。
まあ、私の懐具合では、どうしても資金面の協力は、微力となるであろうが(苦笑。
| 野球 | 02:28 | comments(4) | trackbacks(6) |
さらば近鉄。されど、本当に愛していたならば・・・
近鉄バッファローズ、ついに本拠地で最後の試合。
と言う、スポーツニュースを聞いて驚いた事があった。
「今シーズン初の大入り満員のファンに後押しされて・・・」
大入り満員が今シーズン初って、いったい署名は何十万人集まったの?
もちろん、毎試合観に行くわけにはいかないだろうけど、そりゃないよね。

実は、自分もかつては近鉄ファンでした。
当時、高校受験を控えた大事な時期に、予定を変更してTV中継された“伝説の10.19”に熱狂し、そして落胆した事が強烈な記憶として残っている。
(余談だが、伝説の10.19に、阪急はオリックスへの身売りを表明している。)
もちろんそれまで、近鉄ファンではなかったが、阿波野、小野、大石、新井、ブライアント・・・みんな、豪快で魅力的な選手達に見えて、それから数年間応援していた時期があった。

しかし、理由は分からなかったが、野茂、石井といった中心選手ですら、簡単に手放していくアホな球団フロントに嫌気が差して、近鉄ファンを卒業した次第。

だから、今回の球団消滅は複雑な思いだった。無くなって欲しくないけど、オレには反対署名する資格があるのだろうか?と。。。

今回、本当に近鉄を愛して存続を願って署名したファンは何人いたのだろうか?

とにかく、ひとつの時代の終わりと、説明出来ない虚しさだけを感じた夜だった。
| 野球 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>