CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
あたらしい戦略の教科書
あたらしい戦略の教科書 (JUGEMレビュー »)
酒井 穣
攻めの戦略とは? その答えを求めて。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ダメなものは、タメになる テレビやゲームは頭を良くしている | main | 鈴木慎吾が、スカパー!で対談公開 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビジネス書「多読」のススメ
レバレッジ・リーディング

以前から何度かブログで書いていた通り、
“どうすれば効率よく、自分にあったビジネス良書読書に出会えるか?”
と言うテーマに、ひとつの答えを与えてくれそうなタイトルに、
書店で思わず衝動びっくり買い!

年間400冊のビジネス書読書を読破するという筆者の、「速読」ではなく「多読」によるビジネス書の実践活用術。


良書の探し方から、効果的な読書方法、さらには
書籍の有効な内容をいかに実践するか?
までフォローされている親切な本ではあるものの、
筆者が金融有料業界出身なのか、やたらと“それっぽい”表現が多い。

また、筆者はかなりドラスティック撃沈志向のようで、
その本からいかにして効率的に要点を吸い出すか?と言う観点で、
重要なページを折ったり、書き込み鉛筆2チェックを入れるなどの
行為を薦めている為、本自体も大事にしたい人には、
相容れないバッド考え方では無いかと思う。

既に自分も実践している部分もあったが、本書ポイントは以下の通り。

◆書籍内容のうち、重要なのは全体の20%。その中の8割(つまり全体の16%)を完全に掴むべし。

◆読む目的(本から何を学ぶか?)を明確にし、同じテーマの本を多数読んで知識を自分なりに取捨選択&ストックする。

◆常に本のストックを持ち、ダメな本はすぐに見切りをつける!

◆読んで得た重要なポイントはメモとして抽出し、復唱して自分のビジネスの中で生かす!


また、本書では筆者オススメのビジネス本と、良書探しに最適な書評サイトパソコンやメルマガメールブルーも紹介されているので、実践的に使える部分も必見。

やっぱり、知識は得ただけでなく、実践して始めてなんぼお金・・・

書き出すとどれも当たり前の事だが、どんな分野でも
良いものに出会うには数をこなして、
経験値を積んでいくしかない
ようである。。。


とりあえず、今年は週に1冊をメドに、
年間50冊読書目標で読破して行こうと思う。

レバレッジ・リーディング
本田 直之


人気blogランキングへ
| book | 00:30 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - |
コメント
ご無沙汰しています。RECOMMENDで見かけて、記事にTBさせてもらいました。

週1冊、私もがんばってやってます(^^)
| そうるF | 2007/05/08 6:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bushido-cast.jugem.jp/trackback/109
トラックバック
レバレッジ・リーディング
「多読」のススメってことで手に取った本ですが、それはそれで参考になったのですが、この本を読んでから、毎朝 風呂で読書 を1時間が習慣になりました。 あと、買った本はどんどん汚す、書き込んだり折ったりする、という点も実践しています。
| Yashi-An Blog | 2007/05/08 6:41 AM |