CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
あたらしい戦略の教科書
あたらしい戦略の教科書 (JUGEMレビュー »)
酒井 穣
攻めの戦略とは? その答えを求めて。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 (JUGEMレビュー »)
デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 人脈の教科書 | main | テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
迷いと決断
評価:
出井 伸之
とても興味深く読めた。
彼の若々しい情熱は日本の宝だと感じました
CEOの本音
出井伸之氏と言えば、確か自分が社会人駆け出しの頃と時を同じくして、
“世界のソニー”でトップに就任し同社の発展を引っ張ってきた、
いわば、ビジネスマンとして憧れの存在と言える一人。

しかし、出井さんの事もソニーの事も良く知っているいようでいて、
実は何も知らなかったんだと、本書を読んで痛感させられた。

ソニートップとなってからの10年を中心に描かれているが、
出井氏の著書を初めて読む身としては、同氏のビジネスマンとしての
悲喜交々が描かれている部分がとても興味深かった。

サラリーマンって、長くやっていればたまには良いこともあるのかな?
とか、思ってみたり(苦笑)

10年後にもう1度読んでみると、また違う感慨を受けるであろう1冊。


人気blogランキングへ
| book | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bushido-cast.jugem.jp/trackback/128
トラックバック